top of page

準備8割


皆さん、こんにちは😃

神戸垂水のパーソナルトレーニングジムTrem(トレム)トレーナーの張間です。


本日もTremのブログを読んでくださり、ありがとうございます。



本日は朝から凄い雨でしたね☂️


6月の終わりが近づいている中、ようやく梅雨らしくなってきました。


雨が降らない梅雨も心配になりますが、

降り過ぎる梅雨も鬱陶しいと思ってしまう、

そんなわがままマインドです😅




今日のblogですが、

先日、私が体験した事を書かせてもらおうかと思います。




プライベートでの話になるのですが、

家の車の定期検査でお伺いした車屋さん(ト◯タ)でのお話です。



我々がお伺いした店舗は、

めちゃくちゃ大きいわけではないのですが、

それでも数台の車が出入りしていました。

そんな中、我が家の車が店舗の敷地内に入ると店内から店員さんが駆け寄って来られて、


「半年点検の村中様ですね」

と一言。


あまりにスムーズだったので、旦那さんに

「今の方が担当の方??」

と聞くと


「いや、違うよー」

との返事。



担当でもない方が車のナンバー(もしくは車種)を見ただけで、

名前と要件の確認が素早くできるだなんて…


あまりの無駄のなさに驚きました。



きっと、その日来店するお客様の事は全て把握されているんでしょうね。

リストなどがあり、朝のミーティングでスタッフ同士が共有しているのかもしれません。



ストレスフリーに内容確認ができた事もですが、

相手(お客さん)に手間をかけないように準備している“おもてなし精神”に気持ちが良くなりました。




(別の会社の話をさせてもらうと…)

以前は別の会社の車に乗っていたのですが、同じく定期検査でお伺いした時、

敷地内に車を入れても店員さんは来てくれず、「どこに停めたらいいんやろ?」と戸惑いながら空いている所に駐車。


店内に入っても声を掛けてくれず、こちらから声を掛け担当の方を呼んでもらいました。


そして、担当の方が発した第一声は

「今日、ご予約の日でしたっけ??」

でした。


そこから、誰が間違えたかの犯人探しです。。。



我々としては、もう店舗に来ているので、

予約が取れていなかったとしても直ぐ見てもらえるのか、

時間をずらせば見てもらえるのか、

それとも今日は見てもらえないのか、

の状況を教えてほしい気持ちでいっぱいでした。


なんとも無駄でストレスの溜まる時間でしたね…




そんな経験をしていたこともあり、今回の対応はより一層気持ちよかったです😊



その後、検査が終わる1時間程の時間を店内で待たせでもらいました。

椅子に座って待っていると、

目の前のお客さんの商談が終わり、店員さんがテーブルの片付けをしていました。


何気なく見ていると、その方が持っているトレイから、ストローの袋端がヒラヒラ〜と飛び、床に落ちてしまいました。


綺麗に掃除されている床の上に透明のストローの袋端(ゴミ)。



これはどうなるのか…

と興味本位で観察していたのですが、

店員さんは、何度か横を通りはするが気付くことはなく、

結局床に落ちたままでした。

※帰り際、こっそり回収しました。





今回、車屋さんで感じた事は…


お客様をお迎えする

“おもてなし精神”

はお客様にも伝わっているということ。


そしてそれは、

目には見えない日頃からの意識が、目に見える行動に繋がっていくということ。



システム化して、どのスタッフもおもてなし精神が持てる環境を作る事も大事。

ですが、結局は個人の意識が根底にあることがそれを支えます。



お客様に少しでも気持ちよく過ごしてもらおう、

気分良く帰っていただこう、

という気持ちを持って過ごすこと。

(気持ちを持つ、と意識して過ごすこと)

目指すのは、意識せず、無意識にその状態になっていること。

それがプロフェッショナルの1つの条件なのかもしれませんね…



その為にも、日頃から

「自分はできているのか?」

と問いかけ続けることが必要なんだと思います。




定期検査を終え、帰路についている車中。

訪れたお店の評価していた自分に“何だかなぁ〜”と思いながらも、

心の肥やしになったという事で、、、😅





この写真は今回のblogを書きながら思い出したものです。


数年前、当店に女子野球の選手たちがトレーニングに来られた時の玄関の様子。

ゾロゾロと集団で入って来られた直後の写真です。

お揃いの靴が隅に綺麗に並べられています。


これを見た他のお客様からは、

「心が正されました」

との感想。



このチームの皆様は、ご自身もトレーニングをしに来ている立場でありながら、

その場におられる他のお客様にも配慮をしていただき、

お互いが気持ちよく過ごせる空間作り

をしてくださいました。



立場など関係なく、その場にいる以上、

自分もその空間を作っている一人であるという意識。


トレーニングを見させてもらいながら、こちらが学ばせていただきました。




人が成長していく中で必要なのは“気付き”。

気付きは変化に繋がっていくと思います。


気付く為には視野を広げ、多くの方と関わっていく事。


Trem(トレム)には本当に多くの方が来てくださいます。


その方達がトレーニングだけでなく、

様々な関わりを持ち、お互いに気付き合える場所となれるよう、

今後もお店作りをしていきたいと思います。


【共に、進む。Trem】

です。




【パーソナルトレーニングジムTrem(トレム)神戸垂水店】

〒655-0027 兵庫県神戸市垂水区神田町4-21 アメリカ屋ビル2F

9:00~22:00

JR・山陽 垂水駅から徒歩3分


【パーソナルトレーニングジムTrem(トレム)明石店】

〒673-0035 兵庫県明石市南貴崎町1-7

9:00~22:00

山陽 林崎松江海岸駅から徒歩5分


Comentários


bottom of page